tech4kids プログラミングスクール公式サイトはこちら

プログラミング教育について

 現在プログラミング教育が世界的に注目を浴びています。アメリカのオバマ大統領は、スピーチで「全ての人がプログラミングを学んでほしい」と呼びかけており、アメリカをはじめとする世界の国々では、既に小中学校からプログラミングが授業として採用されています。

 現在、世界の企業の時価総額ランキングでも、上位10社中、アップル、アルファベット(グーグルの親会社)、マイクロソフト、アマゾン・ドットコム、フェイスブックと、実に5社がプログラミングが事業に密接に関係のあるIT企業が名を連ねていますし、その他の企業でもプログラミングは就職の際の必須のスキルとなりつつあります。日本でも政府は、2020年までにプログラミングを小学校中学年からの必須科目化することを閣議決定し、社会人から小学生、幼稚園まで幅広い年代に向けたプログラミングスクールが連日盛況となっています。

 こうした時代の変化の中、弊社は企業向けのアプリ開発などのICTソリューション事業で培ったプログラミング、ICTに関するノウハウを、次世代を担う子供たちに還元すべく、社会貢献活動の一環としてプログラミング教育事業をスタートしました。今後ますますプログラミング学習に関する環境は整い、子供たちが当たり前のようにプログラミングに接する時代がやってくるものと推察されます。こうした時代に弊社も少しでも貢献できるよう励んでまいります。